外壁塗装の情報はここから!

このサイトでは外壁塗装における業者に依頼するときのポイントを解説しています。
施工主、依頼の内容、外壁の種類など選び方がいずれも重要となります。
これから外壁の塗装を検討している方にとって役立つ情報です。
目的に合わせた選択の方法が分かります。
このマニュアルをよく読んでおくことにより、後々困るといったことを防ぐことが出来ます。
外装について分からないことがある方も、気軽に読んでいただければ幸いと考えています。

失敗したくない!外壁塗装の業者依頼マニュアル

失敗したくない!外壁塗装の業者依頼マニュアル 外壁塗装にかかる費用は決して安くありません。
しかし、一方で必ずしも高額な工事になるというわけではなく、そこには施工業者や外壁材などの要素が深く関係しています。
外壁塗装で失敗したくないと考えている方も多いのではないでしょうか。
業者次第で大きく費用が変わるので、選び方を知っておくことが大切です。
また、外壁にどんな材質を使うかも重要な問題といえます。
低価格の材質を使うと効果が薄くなってしまうので、安ければ良いということではありません。
必要な機能を持っていながら、費用を抑えることが重要といえるでしょう。
断熱性の高い外壁を実現することにより、光熱費を抑えることが出来るので結果的にお得になる可能性があります。

外壁塗装の業者選びの際には態度にも注目しておく

外壁塗装の業者選びの際には態度にも注目しておく 外壁塗装を業者に依頼する際には、それぞれの強みや特徴を理解し、比較して最適だと感じる先を選ぶ必要があります。
料金は比較しやすいポイントですが、それだけではなく外壁塗装業者のスタッフの対応の良し悪しにも注目しておくべきです。
まずは電話で問い合わせてみて、丁寧でわかりやすい説明があり信頼できるかチェックしてみるようにしましょう。
人に対して雑な対応の業者は、作業自体も雑な傾向にあるので気をつけなくてはなりません。
もちろん電話で対応してくれるスタッフと作業をする人が同じとは限らないので、塗装作業に来る人の対応も確認しておき、態度が大きかったり横柄ではないか確かめる必要があります、どんなに良い塗料を使っていても作業を行う職人やスタッフの腕が良くなければ、納得できる仕上がりにはなりません。
在籍する人による腕の違いは必ずあるので、信頼できる人が作業してくれるのかにも注目しておきましょう。
実際に相談することにより、丁寧でわかりやすい対応で信頼しても良いか判断できるようになります。
態度が良いところは、事前の打ち合わせにも力を入れていて希望をしっかり聞いてくれるので、よりイメージ通りの仕上がりになり納得できます。

外壁塗装の見積もりをとることが重要な理由

外壁塗装の見積もりをとることが重要な理由は、使用する塗料の種類や作業内容が同じであっても、施工する業者によって価格設定が異なるからです。
費用は法律などで定められているわけではないので、業者が自由に設定することができます。
中には相場以上の価格を設定していることもあるので、ぼったくりに合わないようにするためには見積もりを請求して内訳はもちろん、単価を確認することが欠かせません。
外壁塗装業者の中には、内訳などは出さずにまとめていくらと請求することがありますが、その場合は相場より高いのか安いのかがわからないので注意が必要です。
また後から、追加費用がかかると言い出されることを防ぐこともできるので、受取りをするときに追加費用の発生の有無を記しておいてもらうと安心です。
あとから工事の不備などが起こった場合にも、内訳をみることで使用している塗料や塗りの回数などに齟齬がないかを確認する手段にもすることができます。

外壁塗装に使用する塗料の種類は予算や耐久性によって選べます

外壁塗装に使用する塗料は豊富に存在しており、アクリルやウレタン、シリコンやフッ素塗料が主流になっています。
塗料の種類は、予算や耐久性によって自由に選べるようになっているので、自分に合ったものを選択できます。
アクリル塗料は耐久性が他の塗料と比べて低いものの、費用が一番安く済ませられるので頻繁に塗り替えをして家の雰囲気を変えたいというときに人気があります。
一方で費用が高くなっても耐久性を重視したい場合には、フッ素塗料を選ぶことが多く、家を長く美しく見せたいときにおすすめです。
外壁塗装でコストパフォーマンスが良いとされるのがウレタンやシリコン塗料ですが、そのほかにも付加価値がついている高機能塗料があります。
高機能塗料は耐久性が高いだけでなく、外壁に汚れをつきにくくしたり空気を正常化させるといった機能がついているので、家に強いこだわりを持っている場合に適しています。
沢山の種類の中から、豊富な色から選ぶことで、理想の家を形作れます。

外壁塗装の見積もりをチェックすることも大切

外壁塗装の見積もり比較を行うことはとても重要であり、同じ内容のメンテナンスでも、業者によって値段が異なる場合があります。
安心感を持って依頼することができる外壁塗装業者を見つけることができるように、丁寧に見積もりを出してくれる業者を探すことをおすすめします。
金額を提示するだけではなく、丁寧に内容を説明してくれ、納得して依頼できる業者を見つける事も大事です。
複数社の比較をおこなうことにより、金額の違いが分かるため、値引き交渉を進めるチャンスもありますし、相場を把握してからこれからのことを決めていくことができます。
口コミ情報を集めながら評判が良い業者に見積りを出してもらえるようにすることも大事です。
実績がある業者なら、いろんな情報を集めることができるため、口コミも集めやすいです。施工事例など、写真付きで仕事内容を紹介してくれる専門業者もあるため、比較を進める時に丁寧な仕事ができるかのチェックをおすすめします。

様々な外壁に適した外壁塗装塗料と各種方法

一般に外壁塗装と言っても、外壁の状態や塗り方の違いによって何種類かあります。
一般的に、外壁材によって外壁塗装の塗料を使い分けています。外壁を長持ちさせたい場合や、外壁の状況や依頼内容よって塗装に使う塗料も違ってくるので、「アクリル塗料」「ウレタン塗料」「シリコン塗料」「フッ素塗料」「光触媒塗料」など各種塗料を使い分けて塗装します。
外壁塗装で主に用いられているのは、「刷毛塗り」「ローラー塗り」「吹き付け塗装」などです。それぞれの外壁塗装の塗り方の違いで、特徴が出てきます。
刷毛塗りは、主に手作業で刷毛を使って塗るので、細かい作業に適しています。 ローラー塗りは、一般的に行われていて広い面をローラーを使って一気に塗装する塗りかたです。
吹き付け塗装は、低コストででき、施工が速いのが特徴です。
スプレーガンを使って壁面などにスプレーして塗装します。施工が速いですが、飛散しやすいため住宅密集地では注意が必要です。
このように、それぞれに適した塗料と塗装方法があります。

細かくチェックしておきたい外壁塗装の見積書

外壁塗装の専門業者を選ぶときには、相見積もりをするのが基本です。
複数の専門業者に建物の調査をしてもらい、提出された見積書を見て決めるなければいけません。
しかし見積書を比較するときには金額だけに注目しがちですが、それ以外の部分もしっかりと確認しなければいけません。
外壁塗装で使用する塗料の機能性や耐久性などの他にも、それぞれの項目を細かくチェックしましょう。
たとえば足場代や塗料代など、一つ一つの項目を一括してまとめている場合は危険です。
あとから追加料金が発生したという理由をつけて、費用の総額が高くなる可能性があります。
優良な外壁塗装の専門業者は、一つ一つの項目に対して細かく金額が記載されています。
足場や洗浄など一つ一つの作業に対して金額が記載されているので、わかりやすく追加料金を請求される可能性も低くなるでしょう。
優良な外壁塗装の専門業者ほど詳しく記載しているので、信頼性を判断する一つの目安にしてください。

外壁塗装の費用で値下げ交渉をするときの注意点

外壁塗装の工事費用は、建物の大きさや形状にもよりますが1回100万円から200万円程度はします。
気軽に支払える金額ではないので、簡単に外壁塗装はできないでしょう。
しかし専門業者から提示された工事費用は、値下げ交渉が可能です。
話し合い次第で10万円以上も下げることができるので、費用負担は軽くなります。
金銭的な問題で外壁塗装の工事が難しいと思ったら、思い切って交渉してみるのもありでしょう。
ですが値下げ交渉をするなら、注意点もいくつかあるので気をつけなければいけません。
たとえば一切値段交渉には応じない専門業者もあるので、そうした会社に相談をしたときには諦めましょう。
また相手も商売なわけですから、しつこく要求するのも避けなければいけません。
しつこく要求し費用は安くなっても、相手は利益が減ってしまいモチベーションが上がりません。
そのため適当な作業で手抜きの外壁塗装になる可能性があるので、ほどほどにしておくのがベストです。

外壁塗装をするなら信頼できる専門業者に相談

外壁塗装で失敗しないためには、信頼のできる優良業者を見つけることが大切です。
悪質な業者に相談をすると、しつこく勧誘をされたり高額なプランを提案されたり、断っても無理やり契約させようとします。
また契約後も問題が起きる可能性が高く、手抜き工事をしたり仕上がりが悪かったりします。
さらに外壁塗装の完成後には当初の予定にない高額な追加料金を請求したりなどなど、あらゆるトラブルが切る可能性が高いです。
もちろんこうしたトラブルに発展する可能性がある悪質な業者は、外壁塗装をしている業者のごく一部です。
ほとんどの専門業者は信頼性が高く、強引な勧誘もしませんし必要のない高額なプランを無理やり契約させることもありません。
工事も丁寧にしてくれるので手抜きをされることはありませんし、綺麗な仕上がりにもなるでしょう。
安心できる外壁工事を実現してくれるのが優良な業者なので、しっかりと調べてから相談するようにしてください。

外壁塗装は住宅のイメージチェンジにもおすすめ

外壁塗装は住宅の寿命を延ばすために、必要不可欠なメンテナンスと言われています。
ただ、メンテナンスとしてだけでなく、家のイメージチェンジにもとても有効です。例えば白い外壁だった場合、経年劣化で白さは失われてしまいます。
外壁は家の大きな面積を占める場所ですので、そこが劣化するとどうしても古臭い家になりがちです。
古く見えるだけでなく傷みで外壁にクラックというヒビ割れが入ると、そこから雨水が入り込み柱など家の基礎を腐らせてしまうため注意が必要です。
外壁塗装は文字通り外壁に塗料を塗るメンテナンスで、施工主が自分でカラーも決められます。
カラーのバリエーションはとても豊富です。
塗装することによって古くなった外壁も、新築同様にまでキレイな状態となります。
今までの外壁とは全く異なるカラーの塗料を選べば、大幅にイメージチェンジできます。
もちろん塗装の効果によって、紫外線や雨などの自然ダメージからも家を守ってくれるので安心です。

建物の資産価値を守るためにも行われる外壁塗装

外壁塗装は、建物の補修をし寿命を延ばすために行われています。
建物は経年劣化により外壁にダメージが蓄積し、ひび割れや剥がれが発生します。
すると発生したひびや剥がれの合間から雨水が内部に染み込み、柱や梁などにダメージを与え老朽化してしまうわけです。 そのため建物の寿命が短くなってしまい、長期間住めなくなる原因にもなるでしょう。
だからこそ建物を長持ちさせるために外壁塗装は行われていますが、これは資産価値を守るためでもあります。
手入れが行き届かず老朽化が激しい建物は、資産価値も低下してしまいます。
たとえば外壁塗装をしていない建物を売却しようとすると、手入れが行き届いていないので高値で売ることはできません。
相場よりも安い金額で買い取られ、後悔することになるでしょう。
逆に外壁塗装を定期的に行いしっかりと手入れがされている建物なら、築年数の割に状態が良いため高値で買取してもらえるようになり、満足できる結果を得られます。

外壁塗装に最適な季節は一年のうちでいつ?

新築当時はきれいで輝きを放っていた家は年月が経つにつれて、色あせてきますしカビやコケなども発生したり時にはひび割れが生じてきてしまいます。
そんな時には思い切って外壁塗装を信頼できる業者に依頼しましょう。
では、外壁塗装を行いたいと思ったならいつの季節が一番ベストなのでしょうか?それは、梅雨と台風シーズンを避けた季節です。もちろん外壁塗装業者は一年中依頼を受け付けていますが、しかし梅雨の時期は雨が多く工事がなかなか進まないという場合もあります。
同様に台風が多く発生するときですと危険が伴いますので中止になる確率も高いといえます。特に足場を組んで行う場合には、台風シーズンは中止になる日が続くことがあります。加えて、雪国ですと12月から2月は雪が多いために依頼は避けた方がいいかもしれません。
ですから、外壁塗装を行いたいと思うのであればできるだけ工期が長引かないよう、予定していた工期内で終了するシーズンを選びましょう。

外壁塗装で失敗しないためには塗料の性能を確認することがベストです

戸建て住宅にお住いの方は、定期的に外壁塗装を行っているものですが、かつてはウレタン塗料が多用されてきましたが、塗料は進化をしており性能の高い塗料があるので、料金と耐久性との比較をすることで最適化することができます。
例えばウレタン塗料で6年間の耐久の場合、フッ素塗料では10年の耐久性を誇っているので長い年月で考えた場合は料金が高くても品質の高さで選ぶことは間違いではありません。外壁塗装で使える新しい塗料の中には、遮熱塗料や断熱塗料などがあり省エネを意識する場合では、この2種から選ぶことで暖房器具の熱を外に逃がしにくい効果、真夏の暑さを屋内側に入り込ませないようにすることができます。
高性能を誇る塗料の中には光触媒塗料があり、10年以上の耐久性を実現しながらも外壁に付着する汚れを太陽光を浴びることで浮き上がらせ、雨降りの日になると雨で汚れを洗い流す機能が特徴的です。
光触媒塗料を採用するには、いつまでも綺麗な外壁を保ちたい方にとっては最適に感じる塗料ではないでしょうか。

外壁塗装にかかる施工日数はどのくらい必要?

外壁塗装は一般的に10年から15年が限界といわれていて、常にきれいな状態を保ちたいというのであれば5年から6年を目安に塗り替えが望ましいといわれています。
とはいうものの、外壁塗装をしている間は足場を組むことがありますし業者が出入りしますので何かと落ち着かない日々が続くというストレスがあります。では、外壁塗装をお願いしたいと思うのであれば施工日数はどのくらい必要なのでしょうか?
これは、塗装面積や場所あるいは平屋住宅かあるいは2階建てかなどによっても異なりますし、依頼するときの季節などによっても異なります。
例えば、同じ面積を塗るにしても雨が多い梅雨の時期に施工をお願いすると、乾くのに時間がかかってしまったり雨で工期が長引くということもあります。
しかし、梅雨や台風や大雪の日ではなく、特にむつかしい形状の家でない場合平屋住宅の外壁塗装であれば5日から1週間もあれば十分といえます。
あらかじめ見積もりの際に施工日数を確認することもできます。

外壁塗装を依頼する施工会社では十分な安全対策を行っています

外壁塗装を行う必要性が出た場合、インターネットから施工会社を探す方法があり、施工実績が豊富な会社でネット上の口コミも良ければ依頼をしても問題はほぼありません。
外壁塗装会社では職人の安全対策を十分に行っていることが前提にあり、戸建て住宅の場合は住宅を全て取り囲むようにくさび式足場や枠組み足場を設置する作業が行われます。
このタイプの足場は歩行するスペースを十分に保つことができ、落下する危険性が非常に少ないことが特徴です。
一般的な2階建て住宅の場合では安全ベルトなどを用いずに作業を行う会社もありますが、3階建て以上になるとフック状の安全ベルトを足場側に固定することで安全性を保つことも行われています。
もしも隣接する住宅との隙間が不十分という環境下では、単管足場を併用する方法もあり、踏板のスペースは狭くなりますが、脚立とは異なり倒壊する危険性が無いので安全に作業を行うことを可能にします。
外壁塗装における安全対策は隣接する住宅側にも行われることが多く、塗料が飛散しないように足場の外側をシートで被う作業も対策の1つです。

訪問販売の外壁塗装業者の見極め方をチェック

外壁塗装の訪問販売を受けるときがあります。
訪問販売というと、怪しい業者が多いというイメージがありますが、中にはきちんとしている業者も存在しているので、見極めが重要になってきます。
まず、きちんとしている業者の場合には、挨拶を行うことができます。
しっかりとあいさつを行うことができれば悪い気はしません。礼儀がしっかりとしている業者の場合、怪しい雰囲気を感じることはなくなってくるので安心することができるでしょう。
また、外壁塗装の質問を行ったとき、明確に質問に答えてくれれば信頼して任せることができます。
質問に答えることができれば、十分な知識を持っている証です。
営業でも十分な知識を持っていれば、工事を行ってくれる職人も知識や技術を持っている証拠となってきます。
正しい知識を持っていることで、納得できるだけの答えを期待することができるでしょう。
外壁塗装をお願いするときには、挨拶ができる点と質問に答えられる点の確認が必要です。

外壁塗装をできるだけ安価で済ませる方法とテクニック

外壁塗装は一般的な2階建て戸建て住宅の場合では、80万円から100万円程度の資金が掛かってしまいます。
少しでも安価で済ませたいと希望する方は、インターネットからリフォーム関連の一括査定サイトを利用する方法で、最安で施工してもらうことはできます。
ところが更に外壁塗装に掛かる費用を安くしたいと考える方は、テクニックはあり、前提としてツートンカラーにする方法があります。
単にツートンカラーにする方法では、逆に料金が高くなることはあり得ますが、1階部分を自ら塗装する方法であれば、交渉次第で安く2階部分だけを外壁塗装してもらえる可能性はあります。
1階部分であれば、自ら塗装をしても普通の脚立で対応することができ、窓ガラスや玄関ドアなどを養生シートで被う方法で簡単に綺麗に塗装は行えます。
塗装会社では足場料金は2階部分だけの作業でも同じ料金が掛かってしまうものの、作業範囲が狭くなることで安価で済ませることは決して不可能ではありません。

外壁塗装で下地調整をする際にひび割れを修復する確かな方法

外壁塗装を行うタイミングが来た住宅では、外壁がモルタルの住宅であればひび割れが出ている可能性は十分にあります。
脚立などを使って自ら補修する方法もありますが、外壁塗装を行う会社の場合では、全てを料金に含んでいるのであまりに範囲が広い場合、高い位置にまでひびが出ているようであれば、プロに任せた方が賢明です。
もしも自分で対応できると判断できた場合では、多くの方がシーリングでひびを埋めることを想定しますが、シーリング材は経年劣化により縮んでしまうことが目立つので、モルタル用の補修材を使うことが必須です。
ホームセンターに行くと取り扱いがある補修材になり、隙間の奥深くまでチューブの先端から流し込み、付属のヘラで表面を整えるだけなので作業は簡単です。
モルタル用の補修材の場合は、シーリングとは異なり乾燥後には完全硬化するタイプが一般的です。
気温による収縮なども一切起こさない素材になることからひび割れ対策には確かな方法です。

外壁塗装のタイミングで以前よりも防汚性を高める工夫

外壁塗装を行うことになり、自宅を雨漏りの被害から守ることは広範囲で行われていますが、今までよりも防汚性も高めたいと考える方には、選ぶ塗料を厳選する方法はあります。
外壁塗装で用いられる塗料の中には光触媒と呼ばれている品質があり、太陽光により外壁の汚れを浮かせる効果があり、更に雨降りの日には浮かせた汚れを雨が流すという機能性です。
光触媒を採用すると一発で希望を叶えることはできますが、費用が高額になることで躊躇している方は、他の工夫も使うことができます。
例えば艶加減をあげることができ、艶消しの場合は汚れが付着しやすくなります。
逆に艶ありの場合では汚れが付きにくくなるものの、美観的には良いとは言えない見栄えになることから、艶加減を強くしても違和感を感じない塗料の色を選び出すことが最善策です。
例えばグレー系の塗料の場合、通常よりも艶を持たせてもおしゃれに見えることができる色です。
他にも工夫方法はあり、外壁塗装の仕上げにクリア塗料を塗ることにより、日頃のメンテナンスで高圧洗浄機を使っても塗膜が劣化してしまうことも無くなり、防汚性を発揮できます。

フッ素塗料は外壁塗装の中でもハイグレードな塗料

外壁塗装には一般塗料として、アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素樹脂の4種類があります。
アクリルはコストが最も安いのですが耐用年数は5~8年程度で、住宅がある環境にもよりますが長くても8年後には再び外壁塗装が必要です。
tなみに、ウレタンは8~10年でシリコンは10~15年、そしてフッ素塗料は15~20年の耐用年数です。
劣化が遅くなるので塗装のタイミングも長くなり外壁塗装の回数も減るメリットがあります。
外壁塗装は高所作業になるので、足場は必須で足場の設置費用を考えると長持ちする塗料を使っている方がトータルコストを抑えることが可能です。
フッ素塗料は、シリコン塗料よりもハイグレードで価格が高い、最大で20年の耐用年数になるため長持ちさせたい人や塗替えが大変な大きな建築物に使用されることが多いといわれています。
なお、屋根は外壁と比べると紫外線や雨などによる劣化が進行しやすいため屋根と外壁の塗替えタイミングを揃える目的で外壁にはシリコンで屋根にはフッ素樹脂を選択するやり方もあります。

外壁塗装の平均価格帯を知るにはインターネットを利用する

外壁塗装の平均価格帯を知るためには、様々な業者の見積もりを比較することが確実です。
しかし一般的な見積もりの場合にはそれぞれ基準が異なるため、なかなか公平な比較をすることが難しい場合が少なくありません。
また使用する塗料の違いや、作業面積に対する認識の違いなどが価格に影響することも多いため、必ずしも平均的な金額とはならない場合も多いものです。
最近ではインターネットの普及により様々な情報が手に入るものとなっていますが、多くの外壁塗装業者が広告宣伝のために価格を表示していることが少なくありません。
これらの情報を比較することで一般的なそれぞれの外壁塗装の金額を知ることができ、これを比較することで平均価格帯を知ることができます。
その他にもインターネット上では様々な実例や具体的な顧客の声などを聞くこともできるため、業者を選ぶ際には参考になる情報を数多く入手することができます。
外壁塗装を行う前にはこれらの情報を積極的に集めた上で、個別の見積もりを依頼することが良い方法となっています。

外壁塗装に関する情報サイト

埼玉 外壁塗装

新着情報

◎2023/12/15

情報を追加しました。


>外壁塗装をできるだけ安価で済ませる方法とテクニック
>外壁塗装で下地調整をする際にひび割れを修復する確かな方法
>外壁塗装のタイミングで以前よりも防汚性を高める工夫
>フッ素塗料は外壁塗装の中でもハイグレードな塗料
>外壁塗装の平均価格帯を知るにはインターネットを利用する

◎2023/2/16

情報を追加しました。


>外壁塗装に最適な季節は一年のうちでいつ?
>外壁塗装で失敗しないためには塗料の性能を確認することがベストです
>外壁塗装にかかる施工日数はどのくらい必要?
>外壁塗装を依頼する施工会社では十分な安全対策を行っています
>訪問販売の外壁塗装業者の見極め方をチェック

◎2022/4/25

情報を更新しました。
>細かくチェックしておきたい外壁塗装の見積書
>外壁塗装の費用で値下げ交渉をするときの注意点
>外壁塗装をするなら信頼できる専門業者に相談
>外壁塗装は住宅のイメージチェンジにもおすすめ
>建物の資産価値を守るためにも行われる外壁塗装

◎2021/1/14

補助金を出している自治体
の情報を更新しました。

◎2020/10/8

大手の業者の特徴
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

業者を選ぶときのポイント
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「塗装 業者」
に関連するツイート
Twitter

おはようございます✨ 基本的に、外壁塗装では3回塗りを行います💡 3回塗りのうち、1回目は、塗料を定着させる為の下塗りである為、1回で塗装作業が終わるという事はありません🙌 もし、施工業者から1回塗りを提案された場合には、手抜き工事である可能性がある為、注意する必要があります⚠️

返信先:

プロが徹底サポート!屋根や外壁塗装の優良業者紹介サービス「Goyoo」とは? 「PR」

隣の老夫婦さんからちょっとした家の修繕を頼まれてやってあげたのだが、3年前にトタン屋根の塗装をしたらしいのだが費用が100万。すでに塗装は剥げてきていた。通りがかりの業者に頼んだということなので騙されたんだろな。

塗料の希釈率を守らない業者には注意が必要です⚠️ 塗料は、水性塗料は水を、油性塗料はシンナーを希釈させて使用します🙌 薄めすぎた塗料で外壁塗装を行うと、耐久性が落ちます⚠️ メーカーによって塗料の希釈率が定められており、性能を十分に発揮できるようになってます💡